読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

【ハトクラ】初心者向けコンボ解説

 ハトクラにはコンボといわれるカードの組み合わせが存在します。複数のカードを使うことによって効果を増幅させたり効率をあげたりすることが可能な組み合わせを思いつく限り紹介するので参考にしてみてください。こんなコンボもあるで! という人は教えてください。タイトルにもありますが基本的には初心者向けです。

 基本編:単純なカード2~3枚の組み合わせです。手札に来た時に使える物が中心です。サプライに採用されているカードが多く、使用する場面が多いので覚えておきましょう。

・早馬→交易船
 誰しもがやったことがあるので特に解説はしません。どちらかをキープしておいてリコールから使えば手札8枚で買い物ができることになるので非常に強力です。交易船は複数買うと詰まることがありますが早馬はそういうことがないので安心です。

・早馬→割符
 圧縮+ドロー。後半からの追い上げに非常に向いています。圧縮からの双子、ラオリリ等が非常に強力です。キープは少し難しい上、圧縮しすぎで擁立後に大都市に直接アクセスできない、という状態になると遅れが生じるので注意が必要です。

・港町→交易船
 名前の通り良相性。とりあえず港町を取っておくと役立つことがあるのは覚えておいてもいいでしょう。ただし弓兵隊とサムライには注意。

・都市開発+銀行
 都市開発で都市を増やして銀行でレア狙い。ベルガモットなら場面に応じて銀行を使用可能です。また、皇室領などを直轄地に置けば自由なタイミングで銀行を使えます。

・補給部隊→錬金術師
 錬金術師の使い回しに有効です。ベルガモットならば能力で補給部隊を呼び戻して毎ターン錬金を使用可能。

・補給部隊→結盟
 結盟を捨て札から拾えないベルガモット以外の姫で特に有用です。結盟が手札に来ない! という事故よけに。

・追い立てられた魔獣→弓兵隊
相手の防衛カード潰しに。山札の一番上に公開しておかれたカードは弓兵隊で捨て札にすることができます。所謂ガード不能(一応、クノイチ・隠れ家・魔法の護符+城壁でガードは可能)。

・貿易商人キープ→クノイチ
 連結のない貿易商人ですが、クノイチのコピーならその後別なカードを出すことも可能。早馬や願いの泉などを続けて並べることができます。

 応用編:カード2~3枚以上の組み合わせ、もしくは能力や捨て札参照効果によります。カードの買占め・カット・リシャッフルのタイミングの計算・キープなどを考慮に入れると尚良し。使用できるサプライは限定的ですが、コンボを止めずに放置するとあっという間に戴冠されてしまうので注意。

・交易船キープ→クノイチ*n
 所謂「クノイチ交易船」と呼ばれるコンボ。クノイチがあればあるだけ交易船の効果を受けることができます。これでデッキを引き切ってレアカードを取りに行くのが非常に強い。デッキも回るのでセットも楽にできる。回りだすとどうしようもないので、周囲のプレイヤーがクノイチをカットしに行く等の対処が必要。

・シノビ+交易船コピー*n
 シノビ交易による大漁ドローコンボ。交易船が捨て札にあり、且つシノビが山札に複数枚、という条件でないと効果を発揮できないためクノイチ交易船より難しくリターンもあまり多くない。ただしベルガモットの能力や願いの泉などの山札捨て札調整によりある程度コントロールは可能。

・シノビ+銀行→ベルガモット効果で銀行獲得
 ベルガモット限定コンボ。シノビの効果と自身の能力で銀行を2回使うことが可能。シノビを出すタイミングだったり、捨てるカードを残したりしないといけないことには注意。

・弓兵隊*n→攻撃カード
 弓兵隊の能力を活かした妨害+高火力コンボ。弓兵隊は3枚並べると6金が発生し、その後領地カードや攻撃カードを置くことによってさらに火力が伸びる。序盤から買うことが多い歩兵大隊やサムライ等がコンボの〆に丁度いい。また買収工作も攻撃カードであるため、弓兵隊3枚のあとに出すと3金が発生し6+3=9で公爵を買収することができることも覚えておこう。

・弓兵隊*n→見習い魔女or追い立てられた魔獣
 攻撃カードと分類したのはドローであるため。見習い魔女で見習い魔女を引く、魔獣で棒倍しつつ領地を引く、などの状態が発生する。ドローがあるためデッキが回るが、2金の攻撃カードを置いた場合と比べて火力が伸びず、また見習い魔女で弓兵隊を引いてもあまりおいしくない等のデメリットもある。

・弓兵隊キープ→クノイチコピー
 弓兵隊の枚数を水増し。

・結盟→伝書鳩*n
 通称「鳩ループ」。捨て札にあるだけの伝書鳩を拾うことができ、その分が継承点になる。伝書鳩をキープしてクノイチで水増ししたり、シノビで結盟や伝書鳩をコピーすればベルガモットでなくても結盟が安定する。

・結盟→交易船or割符
 商人結盟。2連結とドローを生かしてデッキを回転させることで効率を上げる。「王冠の行方」などの呪いがあるサプライでは割符による圧縮も非常に有用。ドローがあっても連結が足りなくなる事態は多々あるので、デッキの組み方には工夫が必要。

・結盟*n→シノビor伝書鳩+交易船
 メトロポリス等で可能な、上記のコンボを組み合わせた結盟2種のコンボ。計略と商人の2種を用いるため非常に多くの得点が入る。シノビを使用するので、山札が少なく捨て札が多い時には特に強く、1ターンで10点以上入ることも。

・結盟→見習い魔女+星詠みの魔女+お金好きの妖精
 魔法結盟。魔女にはドロー効果があり、コンボパーツを次々引くことによって大量得点が可能。特に星詠みの魔女は山札のいらないカードを捨てて好きなカードをドローすることが可能になるため、枚数があればあるほど強い。お金好きの妖精も、結盟で出せば1点になり、コインカウンターを継承点カウンターにすることができるため重要なコンボパーツとなる。

・借金妖精双子
 双子限定コンボ。金貸し使用時に発生する借金カウンターをお金好きの妖精の効果によって双子カウンターに変換し、毎ターン2回行動をすることができる。前記の魔法結盟と組み合わせることにより、結盟(魔法指定)→妖精(+1点、借金を双子カウンターに)→星詠み(+1点、ドロー調整)→妖精(+1点、借金を継承点にして+1点or双子カウンターに)というようなカウンターを自由自在に操るゲーム回しができる。
 はとくらじお! 第二回でぬるーさんが派手に決めたのが記憶に新しい。

 今のところぱっと思いつくのはこんな感じでしょうか。また気付いたのがあったら追加したいです。