読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

「運ゲー」でできる最良の事

 世の中には「運ゲー」と呼ばれるものが多々ある。特定のゲームにおいて、プレイヤーの努力や計算を全て度外視しされ、その場限りの「運」がゲームの結果を左右してしまう状況やゲームそのものがそのような呼ばれ方をされる。運ゲーというのは「クソゲー」とほぼ同義である。それまでの苦労が一瞬で水の泡になるのだから、プレイヤーとしても貯まったものではない。特に「何をしても最後は運」という状況が多く発生するゲームはプレイヤーに多大なストレスを与えることがある。
 
 例えば麻雀があげられる。所謂「牌効率」を頭に入れて、最も上がる確率が高い打ち方をしても一向に上がることができず、挙句には麻雀牌を初めて触ったようなド素人にも惨敗する、なんてことが十分にありうる。また、2着を3万点近く話してトップを独走中だったとしても、2着目が役満を上がって逆転勝利、なんてことをやられたりすれば誰だって「麻雀はクソゲー」だといいたくなる。
 
 また、麻雀ほどひどくはないが「ハートオブクラウン」というドミニオン風のカードゲームでも同じようなことが起こる。麻雀ほどひどくはない、というのは運で勝ち負けがあまり決まらない代わりに、一部の強いカードをピックした人が圧倒的に大勝してしまうという意味である。これらの強いカードはパワーカードとも呼ばれ、そのカードを独占する人が出た日には周りが何もできずにゲームが決まってしまうことがある。

 ついでにいうと、艦これも相当な運ゲーである。まずドロップ。どんな強さ、レア度の艦娘がドロップするかは完全に運である。建造。どんな艦娘が建造できるかも運である。戦闘。どの敵を攻撃するかどうか、あるいは敵の攻撃をかわせるかどうか。これも運で決まる。プレイヤー側がスキルを発揮できる場はほとんどない。

 しかし、これらの運ゲークソゲーという部分は、限定的にであるが、プレイヤー側の努力である程度は抑制できるし、運ゲー部分で失敗を演じる「マギレ」を回避する手段が全く皆無であるわけではない。

 麻雀においては、相手の配牌やツモはコントロールできないものの、自分の打牌は自分が完全にコントロールでき、どの相手が何点の手を上がるか、自分が勝つためには何点が必要なのかを考えて最適打を模索することは実はとても難しい。本人はしっかりやっているつもりでも、実はそのやり方が間違っているというのはゲームというものの中ではよくある話だ。それに、相手のツモにしても、リーチがかかったら無理やりにでも鳴いて一発を消したりすることぐらいはできるし、場に見えている牌の枚数や川の情報から、リーチ者がどの部分を面子として持っているのか、ドラは手牌にあるのかどうかを推測することはある程度可能だし、それを考慮せずに相手に上がらせてしまうはプレイヤー側の怠慢と言わざるを得ない。

 ハートオブクラウンでも「自分にとっては必要でなくても相手に取らせたくないカードを自分で抑える」という俗にカットと呼ばれる行為がある。それによって自分が不利益を被るにしても、一人を圧勝することを止めるかどうかぐらいは天秤にかけることができる。また、不用意にマーケットを開けない、というのも極めて重要になる。必要ない港町を買ったら錬金術師が三枚出てきて、鉱山都市を絡めて錬金術師を2枚とられた、なんていう事態を避けることは不可能ではないのである。

 艦これにしてもそうだ。確かに、運要素を回避している"気分"にさせられているだけ、という疑惑は残るものの、A勝利よりもS勝利のほうがドロップの質は改善するし、建造もそれぞれ艦娘に適した「レシピ」と呼ばれるものが存在する。大型建造で7000オールを連続で回して「大和がでない!!」なんて言ってる奴がいたらアホである。敵に大ダメージを与えたければ制空権確保しての昼戦連撃や夜戦カットインなどの選択肢がある。敵の攻撃を回避で済ませたいならば、艦隊を高速艦で統一したり、缶やタービンなどの回避向上装備を載せる、さらにはキラ付けをする、最悪ダメコンを積んでおくなどの対策は十分に可能なのである。ダメコンも載せないキラ付けもしない、陣形も考えたことない、という状態で難関海域に出撃して毎回大破撤退、ひどければ轟沈を繰り返すのはプレイヤー側の怠慢である。

 以上、いくら運ゲーといってもプレイヤー側が対策としてできることはそれなりにあるし、それらによって「マギレ」を減らすことができるのならば、まずはそこに手を付けるのが「運ゲー」の一番の攻略法だと私は思う。「最終的にはお祈りをするゲーム」だとしても祈るのは「最後の手段」であり、祈る前にできることはすべてやって、それでも駄目なら仕方ないと思って次の機会を待つ。それが運ゲーの持っているゲーム性だと思う。

 ……と、いうようなことを『艦これ』1年目で感じた5つの問題点を読んでいたら思いました。