読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

【艦これ】艦これ今日の出来事1202「秋イベ終了」

 前回の夏イベが終わって以来艦これの話はしてませんでしたね。さほど喋るようなこともないですし、精々武蔵が着任したくらいでしょうか。さすがにガッツポーズでしたが、まだ大和と大鳳ビスマルクと401と矢矧を手に入れてないんですよねえ…。

 ともあれ秋イベの話です。
 今回も連合艦隊ということで事前にどの海域に誰を出すのかをきっちり決めてからスタートしました。ただ今回はそれほど縛りもきつくないしEOには全戦力を投入可能ということでそこまで意識せずにE-3までの編成を決めて殴りにかかったわけですが。

 ・E-1
 早速の連合艦隊マップ。おそらく先の夏イベントでE-1,E-2を突破できなかった提督向けのチュートリアル的なイメージなのかもしれない。ただし今回は水上打撃部隊ということで、機動部隊とは全く違う戦闘の流れが発生した。ただし戦艦や重巡などの高火力艦が先に動くためあまり問題はなく敵を殲滅できるという贅沢な仕様だった模様。
 編成は
 第一艦隊が
 戦艦「伊勢」
 航空巡洋艦「最上」
 航空巡洋艦「三隈」
 航空巡洋艦「鈴谷」
 航空巡洋艦「熊野」
 航空巡洋艦「那珂」
 
 第二艦隊が
 軽巡洋艦「川内」
 駆逐艦「叢雲」
 重巡洋艦妙高
 重巡洋艦羽黒
 重雷装巡洋艦「北上」


 といった具合。第一艦隊は最上型で固めて制空権を取りつつ連撃で殴る。第二艦隊は夜戦火力のある妙高羽黒、フィニッシャーの雷巡に北上を入れた。もっとも本来は戦艦棲姫にとどめを刺すためにE-3に回すはずだったが何故かここで使ってしまった。
 終わってみれば過剰戦力といえるくらいで、一度だけ途中撤退があっただけでそれ以外は全てS勝利で突破。あまりのあっさりっぷりに撃破時のSSすらない。

 ・E-2
 非連合艦隊マップで、軽巡駆逐艦のみで編成しなければならない。雪風島風を温存するために主力となる駆逐艦の改二をここで投入。軽巡に関してはこれまでほとんど実戦に出ていなかった阿賀野型を出すことに決定。
 
 編成は
 軽巡洋艦阿賀野
 軽巡洋艦能代
 駆逐艦「夕立」
 駆逐艦「時雨」
 駆逐艦「Верный」
 駆逐艦綾波
 
 道中の夜戦に備え、阿賀野に夜偵と探照灯を装備させ、能代には観測機と15.5㎝三連装副砲*2、その他駆逐艦には空スロットにそれぞれ電探や照明弾を装備して出撃。この編成だと戦闘回数が増えるパターンがあり、敵の雷撃がとにかくやっかい。それでもラストは3回連続のボス撃破で、総出撃回数は11回。最後は時雨がカットインで決めてくれました。
 

 そして秋月。
 ・E-3
 再度連合艦隊マップ。全力で行くことにしていたので、戦艦なども上からレベルの高い順にチョイス。今度のマップでは水上機だけで制空権を取ることは難しいので、一人のみ編成可能な正規空母として加賀さんを編入。またルート固定と制空権保持のためにあきつ丸を旗艦に固定。

第一艦隊
 揚陸艦「あきつ丸」
 正規空母「加賀」
 戦艦「長門
 戦艦「陸奥」
 戦艦「金剛」
 戦艦「比叡」

第二艦隊
 軽巡洋艦「神通」
 駆逐艦雪風
 駆逐艦島風
 航空巡洋艦「利根」
 航空巡洋艦「筑摩」
 重雷装巡洋艦「大井」

 第二艦隊は夜戦で絶対殺すスタイル。間違ってE-1で北上様を出してしまったのでこちらに大井っちを使うことに。とねちくも巡洋艦の中では夜戦火力が高い。今考えれば妙高羽黒と逆で良かったかもしれない。ともあれ、戦艦がながむつ金比という当鎮守の戦艦Top4だったため、さほど苦戦せずにボスまで到達、撃破。夏イベで撃破できなかった戦艦棲姫だっため雪辱を果たす意味でも爽快だった。7回の出撃でクリア。
 


 プリンツ・オイゲンも無事確保。久しぶりに正統派のキャラ付けで妙に新鮮。毎朝起こしに来てくれる幼馴染のような雰囲気を感じる。

 ・E-4
 今回のEO。道中に空母棲姫が登場し、ボスは新登場の空母水鬼。最初から水上部隊と機動部隊を選択することができ、バランス的にはどちらでもクリアできる範囲。水上部隊は制空権が取れないが道中が安定し、機動部隊は制空権が取れるが道中で第二艦隊が先に動くために途中撤退が多くなる、といった具合。
 初めのうちは戦闘回数を減らすために第二艦隊は軽巡1駆逐艦5という編成を取っていたが、無傷でボス戦に突入してもカットインが出なかった場合全員で攻撃しても空母水鬼を撃破できない上に、道中での敵の雷撃で撤退することが多かったために、戦闘回数を増やしてでも雷巡を3人導入。

 第一艦隊
 揚陸艦「あきつ丸」
 戦艦「長門
 戦艦「陸奥」
 正規空母「加賀」
 正規空母瑞鶴
 軽空母「隼鷹」
 
 本来なら正規空母2+軽空母1でルート固定に関しては問題ないのだが、あきつ丸が非空母枠で烈風を詰めるので最初の実験編成からそのまま採用。それでも場合によってはMVPを取ることがあるので連合艦隊はすごい。

 第二艦隊
 軽巡洋艦「神通」
 駆逐艦舞風
 駆逐艦島風
 重雷装巡洋艦「北上」
 重雷装巡洋艦「大井」
 重雷装巡洋艦「木曾」

 ここから飛躍的に安定度がます。開幕魚雷で敵に打撃を与えることにより結果として第二艦隊の被害が軽減されることに。ボスでも安定してダメージをたたき出す頼もしさを存分に発揮してくれた。島風よりも雪風という説もあるが、旗艦以外ということで連撃を重視するならばこちらの島風のほうがよいかと思ったのでこうした。舞風を入れたのはE-4の攻略報酬が駆逐艦「野分」だったため。舞風の図鑑や轟沈ボイスなどで名前が出てくる物のなかなか実装されなかったため舞風提督がやきもきしていたところでの実装だったので、各地の舞風提督の叫びがイベント明けの木霊したという。かくいう私もその一人だったので、今回のイベントは絶対に完走する誓いを立て、念入りな情報収集を怠らなかった。

そしてラストダンス


 とどめは大井っちが決めてくれました。

野分ゲット。絵柄的にはコニシ艦のような気もするが、鰤艦ではなさそうなのが少し残念。デザイン的には金髪の舞風と対になるような銀髪で、ダンスが好きで活発な舞風に対しクールで冷静といった感じ。

 完全攻略。


 その後のレア艦掘りについては、夏イベントで取り損なった清霜と、ドロップで実装されている朝雲、さらにE-4でドロップするといわれている伊401が狙い目といえた。



 まずはE-3で清霜がドロップ。
 その後はE-4をしばらく周回してみるが、イベント二週間目から急に敵が強くなったような感じがして道中撤退が多くなり掘りの効率が低下。結局401は諦めて朝雲・まるゆ狙いのE-3に切り替えることを決意。決意した途端にドロップする朝雲。
 

 これからだと思った瞬間だったので嬉しかった半面これ以上はないな……とも思ってしまった。
 それ以外のレア艦をまとめると、
 長波
 春雨*2
 まるゆ*3
 といった具合。春雨は改造後に夕立砲を持ってきてくれるので非常にありがたい。まるゆは言わずもがな。長波は一応育てはするけども三式ソナーは正直もう足りているような気がしないでもない。
 
 そんな感じで今回の秋イベントは終了。次のイベントがいつになるかは分かりませんが、今度のイベントも完全攻略を目指します。
 大型建造も大鳳と大和とビスマルクを狙って生きたいところ。