読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

【Hearthstone】BRM一週目を終えて

ゲーム Hearthstone

 HearthStoneの新規拡張であるBRMの一週目が解放され、そろそろ二週目も解放されようかという時期になりました。二週目が始まる前に一週目のカードの雑感などを述べていこうかと思います。
 
 とりあえず一周目のカードで一番の注目カードは「Emperor Thaurissan」でしょうか。手札を多く貯めるコンボデッキと相性がよく、特にハンドロック、ロアコンボを入れたドルイド、スペルでライフを削るフリーズメイジ、マリゴスシャーマンなどで力を発揮するかもしれません。コンボ自体はなくても、ヒーローパワーを使って手札を温存することが多いウォーリアーや、手札にスペルを貯めこむことが多いローグなどでも有用でしょう。反対に相性が悪いのはメックメイジやフェイスハンター、zooなどで採用されることは少なくなりそうです。
 
 次に面白いカードは「Grim Patron」でしょう。このカードはニュートラルではありますが他のスペルとの兼ね合いを考えれば実質的にはウォーリアー専用カードといってもいいでしょう(メイジのヒーローパワーやワイルドパイロマンサーとの組み合わせもありえますが、相手ターンの全体除去に耐えられません)。一番の狙いはWarsongCommanderと組み合わせによる1ターンでの大量増殖や、そこにWhirlwindなどを加えた1ターンキルなんてロマンコンボもありえます。前記したEmperor Thaurissanを前ターンに出しておけばコンボに必要なマナが少なくなるので、さらに大量に増殖させることが可能です。ウォーリアーといえばエピックやレジェンダリーが何枚も欲しいコントロールデッキが主流でしたが、このカードを起点としたデッキバリエーションが増えることを願います。

 ミルローグの強化に一役買っているのは「Gang Up」です。ミル系のデッキで必ず採用されているColdlightOracleをコピーしたり、AntiqueHealbotをコピーして体力の大幅回復などに使われています。もっとも、ミル系のデッキは現環境で多いフェイスハンターやメックメイジなどのしばしば手札が切れるデッキとは相性が悪いため、そこまで脅威となることはないでしょうが……。

 反面、「Dragon's Breath」や「Resurrect」はそこまで使われていないように感じます。メイジはすでにファイアボールという優秀なスペルがあるため、Dragon's Breathのような状況を選ぶスペルをあえて採用する必要がないという点が大きいでしょう。Resurrectも、効果自体は優秀に見えますが2ターン目に使用したとしても、召喚されるのは精々NorthshireClericやZombieChowで、あまり嬉しいミニオンとは言えません。無論3ターン目に召喚したInjuredBlademasterが4/7で復活すればおいしいのですが、それをやるくらいなら4ターン目にはサークルコンボをやっていることが多い、というのがプリーストの現状でしょう。パラディンのShieldedMinibotのような優秀な2コスミニオンが復活するなら文句なしですが。

 最後になりましたが、ハンターの「Quick Shot」も強力なカードです。アグロをさらに強化するカードで、ドローが出来なくても2コス3点のスペルは腐りづらく、たいていの2コスミニオンを除去できる他、とどめの場面で敵ヒーローのライフを削る際などに重宝するでしょう。

 全体を見てみると、naxxのときのような単体で強いカードよりもカード同士のシナジーやコンボを強化するような効果のカードが多いことが分かります。現時点ではアグロが強いゲームデザインとなっているので、それに対抗するカードということになるのでしょうか。最も、それならなぜミラクルローグを完全に殺したのか、って話にもなりますがね。