読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

【Hearthstone】Tavern Brawl #6開幕

HearthStone ゲーム

 デッキ固定ルールってつまんねーなと思うTBですが、今週は自力構築のルールです。今回のギミックは「最初から10マナスタート」というもの。そのため、基本的に低マナカードを入れる必要性はあまりなく、高コストのカードをなるべくたくさん積んだほうが有利になります。なんか早くもネタ切れ感がありますが、一応見ていきましょう。

 1.対戦の流れ・おすすめカード
 ハンドアドバンテージがある分後攻が有利……みたいな話は全くありません。高コストのレジェンダリーを先出しできる先行超有利です。後攻は相手が出したカードに対して何らかの対処をしないといけないのでテンポ面で後れをとることが多々あります。特に初手Alexstraszaはいきなり相手に15ダメージというふざけた展開を作ることができるので非常に強力です。ダメージスペルが優秀なクラスの場合はそのまま次ターンで勝負がつくことさえあります。もちろんRagnarosも十分すぎるほどの強さを持っていますし、対処のしづらさでいえばOnyxiaも有用なカードとなるでしょう。
 無論、最初から大量のマナを使えることを利用して低コスミニオンを大量展開することも可能です。例えばシャーマンなどは、2/3/2WindfuryとFlametongue Totemが上手くかみ合えば次のターンで勝負が決まることもありえます。ただし、一度に大量にミニオンを展開しても、相手の全体除去もすぐに使えるためにリスク自体は高いです。
 
 2.クラスごとの戦略やマリガン
 まず、どのクラスを使うにしても高コストのレジェンダリーを手札に残すようにしましょう。また、後攻の場合は相手が出してきたミニオンに対する除去を用意しておく必要があります。この点において、低コスの除去を持つプリーストが優秀です。基本的にどのクラスもレジェンダリーがあればあるほど強いのですが、カード資産がない場合はプリーストがお勧めです。プリーストには相手のカードを盗むものが多くあり、相手が強力なカードを使っていればいるほど強力なカードをプレイすることができるようになります。1マナのMind Visionは9マナまでのミニオンを即座にプレイできますし、Thoughtstealはいわずもがな、Mind Controlも1ターン目から使えるのでアドバンテージの確保に役立ちます。

 3.資産差の問題
 すでに書いた通りですが、今回のルールは結構な資産差が出るルールです。高コストのレジェンダリーを1ターン目にプレイできるかどうかはアドバンテージを得るうえで非常に重要になってきます。無論普段は使えないとされているアドベンチャーのレジェンダリーなどもそれなりに使えるルールではあるのですが、やはりパックからでるレジェをほとんど持ってないとなると厳しいものがあります。そういう場合は、上で書いたようにプリーストで相手のカードを盗むように立ち回る、シャーマンでWindfuryミニオンとFlametongue Totemの組み合わせを利用して瞬殺する、などの工夫が必要になってきます。また、パトロンウォーリアーはそのままでも結構強いので、相手との資産差がきついと感じた人は試してみてください。