読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

児童ポルノを日本から根絶する施策

ククク……
むろん…と言うか……
言うまでもなく……
わしは 持っておる…!
このTLの誰よりも…………
持っておるっ…………!
児童ポルノをっ…………!
jpgで…… aviで……!
wmvで……
mpegで……!
持っておるっ……!

ククク…… どこに犬……
警察の輩が
潜んでおるか知れんから
大きな声では言えんが
それぞれ……
500GBはくだらぬファイルを
持っておるっ…………!

最近では…………
違法なものにばかり集中させるのも
どうかと思い…………
ジュニアアイドルのIVにも手にした……
ほんの250GBほどだが…………
転ばぬ先のなんとやらだ…………!
常にリスクの分散は
怠らないっ…………!

(ここまで挨拶)

 ちなみに私はそんな容量の児童ポルノなんて持ってません。おそらく、関西×交をはじめとした地方シリーズとかカナ×マンとかス×ービーチとかを全部揃えたらそれくらいにはなるのかもしれませんが。最悪の場合こういったタイトルを出すだけでもアウトな可能性もあり得るので最近はタイトルを口に出すことすらはばかられるといえばはばかられるのですけどもね。

 で、タイトルの通り、児童ポルノを日本から根絶する施策をどうしたらいいのかって話ですが、まずいくつかの段階を踏む必要があります。ちなみにテーマを掲げるとしたら「児童ポルノとそれを愛好する者の存在を抹消する」です。

 1.有名人をしょっぴく
 とりあえず現行法に引っ掛かる範囲で有名人をしょっぴきます。別にそれ自体はやれば誰でも捕まることですのでそんなにおかしなことではありません。ちなみに今変換したら犯しな事と出たのですがそれはおかしいです。ここで捕まえる有名人は有名であれば有名であるほどいいですが、できればその業界での汚れ役の方が好ましいです。支持者も不支持者も多い人がそういうことで捕まれば、支持者は減って不支持者の声が大きくなります。

 2.その不支持者の声を取り上げる
 支持者の声は小さくなっているので、不支持者の声を大々的に取り上げます。方法はなんでもいいです。テレビ、ラジオ、週刊雑誌、インターネット、できればその全部で祭り上げて、その盛り上がりを余所に引っ張ってそれをもう一度引っ張って、という所謂マッチポンプ方式が効果的です。


 3.新情報を遮断する
 一度大々的に取り上げた後は、続報を流さない方が好ましいです。そうすることにより、新たに興味を持った人は過去の情報の動きにしか触れることしかできなくなり、硬直性が生まれます。調べど調べど過去の話しか出てこなくて、しかもどこを探しても同じような情報しか出てこない。これが理想の状態です。出回る情報が同じ物になるので、そういったものの話題は毎回同じ物になり、こうなると一種のパターンや様式美が生まれます。

 4.パターンや様式美を「常識」として喧伝する。
 さて、2と3を経由して生まれるパターンや様式美とはどんなものかといえばおそらく「児童ポルノに違反する人間はクズ」「児童ポルノ愛好家はこういう傾向がある」とかそういうものになるでしょう。これを常識として世に知らしめます。これらのパターンや様式美が本当に正しいかどうかという検討は全く必要ありません。それが常識とさえなればいいのです。できるだけ何回も繰り返し、もう飽きたといわれるくらいになれば良いですし、経緯のまとめ見たいなのがインターネット上で定番のコピペとなれば目的は達成されたと言えるでしょう。


 以上の1~4を何度も何度も繰り返し続けることによって、日本全体に「児童ポルノは存在そのものが悪」という「常識」を生み出すことができればミッションコンプリートです。新たに児童ポルノに関心を持とうとする人が現れたら、2~4を執拗に繰り返すことによって「矯正」させることが可能でしょう。常識を疑う人間は反社会的であるとして同じく1~4の手法で存在を消滅させていけば大丈夫です。

 そんな感じで、児童ポルノに限らず色んなものの存在を薄めていくのに応用できますので、それが目的の方はぜひ参考にしてみてくださいね!


(本文は寝起きの頭で書かれた上推敲の類は施しておりません)