読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーしきのしょーしつてん

消失点を探そうと思います

【Hearthstone】Tavern Brawl #1開幕

HearthStone ゲーム

 Hearthstoneの新モードであるTavern Brawlが開幕しましたね。このモードは毎週変更される特殊ルールでの対戦モードとなっており、一勝すればクラシックパックが一つもらえる他、勝ち数がカウントされているようです。
 一回目である今回のルールはBRMでもあったラグナロスとネフェリアンの対決がモチーフとなっており、ランダムにお互いのヒーローがラグナロスかネフェリアンのどちらかになっての対戦となります。デッキはそれぞれ固定で編集はできません。参加費にリアルマネーやGoldは必要ないので、資産が全くない初心者でも参加しやすいモードであるといえるでしょう。

 で、この対戦ですが現状ではネフェリアン側が圧倒的に有利だといわれているようです。その辺について少し考えてみたいと思います。

 1.お互いのスタート時の違い・試合展開
 ラグナロス側は直接のライフが60、ネフェリアン側はライフ30+アーマー30という違いがありますが、そこは重要ではありません。最大の違いは、ネフェリアン側は5マナからスタートするというところです。ネフェ側が有利といわれている理由はここにあります。ラグナロス側は2/6の武器を持ってはいるものの普通に2マナからスタートするので、どうやってもテンポを取られがちになります。如何に序盤をしのいでマナが並び始める6ターン目以降で巻き返せるかという戦いになるでしょう。

 2.ヒーローパワー
 ラグナロスのヒーローパワーはいつものものと同じ「DIE, INSECT!(ランダムに敵に8点)」かと思いきや、5/1のMagma Ragerを召喚するものに変わっています。これは初期装備の2/6の武器が破壊されることによって DIE, INSECT! に入れ替わるのですが、6ターン目までは強力な8点ダメージが使用できません。毎ターン武器の耐久を減らすようにしましょう。6ターン目から使えるDIE, INSECT! の効果は多くの場合ネフェリアン側のヒーローパワーの効果を上回るので、そこからが本当の勝負となります。
 ネフェリアン側のヒーローパワーは全てのスペルの中からランダムに1枚を手札に加える「Wild Magic」です。しかも仕様コストを0に下げるというおまけまでつくので、場合によっては0コスマインドコントロールや0コスパイロブラストなどの想像を絶する効果を発揮することが有ります。無論外れがないわけではないですし、ランダム高価なので、最終的に必ず使うことが分かっているならターンの最初に使うようにしましょう。

 3.マリガンや対戦時に気を付けるべきこと
 ラグナロス側は低コスミニオンを残すようにしましょう。ただしフレイムインプのようなカードは相手の5コスミニオンに対して太刀打ちできないので、可能ならばLiving Lava(2/6/6Taunt)やLiving Bomb、Lucifron、Son of the Flame(3/6/3、6点ダメージ)などを残すようにしましょう。とくにLiving Bombは相手がミニオンを出すのも防ぐことができ、こちらがボードにミニオンを展開しテンポを奪い返すのに役立ちます。そして何より大事なのが毎ターン武器を使って耐久を減らすことです。普通武器はボードコントロールに用いるものをされていますが、この武器ではネフェリアン側が出すミニオンはほとんど倒せないので意味がありません。相手の顔面でもなんでも殴って耐久力を減らしましょう。DIE, INSECT! が使えるようになれば大体の相手ミニオンを倒すことができるようになります。また。効果が分かりづらいですが、Core Hound Puppiesもはまると強力なカードです。スペルを2枚同時に発動し、場に4体のCore Hound Pupが並んだときのコントロール力は非常に高いです。
 ただし、終盤でボードを取れたといっても油断は禁物です。ネフェリアン側にはShadowflameという凶悪なカードがあり、たった2枚で自身のボードが壊滅するということも十分にありえます。全体でみてもラグナロス側が不利なつくりとなっているので、とにかく序盤をしのぐことに専念するべきです。

 ネフェリアン側については特に考えることはありません。できるだけマナを使い切るようにしてカードを CT! もさほど脅威ではありません。気をつけなければいけないのはやはりLiving Bombでしょう。このスペルの対象にされたミニオンは、次のターンに必ず死んでしまうので相手ミニオンにぶつけて相打ちを取ったり、最悪Shadowflameの対象にするなども考えておかなければなりません。マリガンで持っておくといい仕事ををしてくれるのは6/7/7のVaelastraszでしょうか。後攻でコインから出せれば相手にとっては大きすぎるプレッシャーになります。また、最初に出すミニオンはラグナロス側の武器で殴られても死なないミニオンを選ぶべきです。特にDragonkin Hatcherなどは、2/2のミニオンを生み出してしまうため、ラグナロス側はあまり損をせずに武器をふるうことができます。そういう意味も込めて、序盤で出すミニオンはできるだけコストが高いミニオンを選びましょう。
 ランダム効果のあるカード全般においていえることですが、前のカードの結果次第で次にプレイするカードが変わってくる、という場合では、ランダム要素は先に消化しておくべきです。例えばネフェリアンの場合、最初にヒーローパワーを使っておけば、場のミニオンでトレードしに行くよりもいい結果が得られるかもしれないからです。